犬の腎臓病と療法食【ヒルズ プリスクリプション・ダイエット】

  • URLをコピーしました!

犬の腎臓は、血流からの老廃物の除去や、体内の水分とミネラルの正常なバランスの維持といった重要な役割を果たしています。

その役割を果たせなくなるのが腎臓病です。

腎臓病は、腎臓の機能障害が進行して腎臓が正常に働かなくなってしまう状態になります。

腎臓が本来の機能を果たせなくなると命を脅かす結果を招きます。

犬の腎臓病の中で最も多く見られるのは慢性腎臓病(CKD)と呼ばれるものです。

進行すると生命に関わることもあるので、早期の発見が重要です。

関連記事:犬の腎臓病におすすめドライフード療法食 5製品

contents

腎臓病の早期発見

早くから腎臓病の兆候を示す犬もいますが、重篤な病気の兆候は腎機能の75%が失われないと現れません。

腎臓病を早期に発見することが重要なのはそのためなのです。

発見が早ければ、根本原因に対処するための時間が多く得られ、早い段階から病気の進行を遅らせることができます。

多くの場合、診察の時点で発症からかなりの時間が経っています。

生涯にわたって続くこの病気は、適切な栄養を与えることによって管理することもできます。

重要:のどの渇きの増加(水を以前よりも多く飲むようになる)は、腎臓病の最初の兆候の可能性があります

犬の腎臓病の原因

犬に限りませんが、腎臓病は大きく分けて「急性腎臓病」と「慢性腎臓病」があります。

急性腎臓病は、何らかの原因で急激に腎臓が働かなくなりますが、治療によって原因が改善されれば、腎臓の機能が回復する余地はあります。

慢性腎臓病は、ゆっくりと進行します。治療をしても腎臓の機能は戻りません

急性腎臓病の場合

  • 出血、脱水、血栓、循環器系の異常などにより、腎臓への血液供給が正常できない
  • 急性の腎炎、感染、腎毒性がある物の摂取などで腎臓が急激に障害を受ける
  • 結石や腫瘍などによる尿道閉塞で、尿が排泄できない
  • 事故による膀胱破裂などで、尿が排泄できないなどがあります。

慢性腎臓病の場合

慢性的な腎臓の炎症が原因となり、高齢になるほど発生率は高くなります。

年齢

犬が腎臓に問題を起こす確率は、10~15歳では2倍になります。

フード

リン、ナトリウムおよびタンパク質の含有量が多いドッグフードは、慢性腎臓病の進行を早めます。

犬種

腎臓病を起こしやすい犬種

  • シャーペイ
  • ブルテリア
  • イングリッシュコッカースパニエル
  • キャバリア
  • ウエストハイランドホワイトテリア
  • ボクサー

犬の腎臓病の症状

腎臓病の症状は、識別するのが難しいかもしれませんが、次のどれかに気づいたときは腎臓に問題がある可能性があります。

以下の症状が目立ったり気になったら獣医師に相談してください。

  • 多飲多尿
  • 食欲の低下
  • 体重の減少
  • 口臭と口の痛み
  • 体重の減少と脱力
  • 嘔吐と下痢

腎臓病と診断された場合、獣医師はその病気が急性か慢性かを判断してくれます。

急性腎臓病:犬の急性または突然の腎疾患は、以下が原因で起こることがあります。

  • 失血
  • ショック
  • 外科的侵襲
  • 外傷
  • 重度の脱水
  • 毒物
  • 薬物
  • 尿路閉塞
  • 感染

栄養はどう役立つのか

フードは愛犬の健康維持に重要な役割を果たします

もし腎臓病と診断されたら、タンパク質、リンおよび塩分の量を減らしたフードへの変更が病気の管理に役立ちます。

リンの制限は、腎障害の臨床症状と進行の管理に特に重要であると考えられます。

タンパク質量を減らすことも、正常な酸塩基平衡の維持に役立ちます。

腎臓に問題がある場合、適切な栄養は愛犬の生活の質に良い影響を与えることができます。

腎臓の療法食

愛犬の腎臓組織が損傷すると、血液中の老廃物を濾過し栄養分を再吸収する機能を回復させることが難しいと言われています。

腎臓は一度低下した機能を戻すことはできませんが、進行を遅らせることは可能です

腎臓管理のための特別療法食は、腎臓への負荷軽減をサポートし、より効率的に機能するのに役立ちます。

腎機能が低下した愛犬は食欲が減少する場合があり、食事の摂取量も低下します。

ヒルズ プリスクリプション・ダイエット(特別療法食)〈犬用〉 k/d ケイディー チキン入り ドライ

ヒルズの栄養学者と獣医師が開発したプリスクリプション・ダイエット は、リンやナトリウムなどの調整により、愛犬の食事量を増やし、腎臓の健康をサポートする特別療法食です。

愛犬が夢中になるチキンフレーバーです。

事実、〈犬用〉 k/dケイディーは、リンやナトリウムなどを調整し、腎臓病の愛犬の生活の質(QOL)の向上に貢献することが科学的に証明されています。

製品の特長
  • リンを調整、低ナトリウム*¹、オメガ-3脂肪酸を含有 *¹ナトリウム約36%減 (当社サイエンス・ダイエット〈プロ〉 成犬 1~6歳 毎日の活力維持機能 小粒と比べて)。
  • ヒルズ独自のおいしさテクノロジー「EAT」 採用
  • バランスの良い必須アミノ酸、高レベルのL-カルニチン
  • 科学的に証明された抗酸化成分

L-カルニチンは、脂肪酸を運搬する働きを持っています。

犬の体内では脂肪を燃焼するミトコンドリアへと脂肪酸を運び、効率よくエネルギーに変換するために働き、エネルギー産生を行う上で非常に重要な栄養素として知られています。

注文の際は【犬用】か【猫用】を確認


ヒルズ プリスクリプション・ダイエット(特別療法食)〈犬用〉 k/d ケイディー チキン 缶詰

腎臓は血液中の老廃物を濾過及び排出する役割を担っており、体内の体液量やミネラルバランスを調整しています。

一度腎臓の機能が低下すると、その状態を回復させることは難しくなります。

ヒルズの栄養学者と獣医師が開発したプリスクリプション・ダイエット 〈犬用〉 k/dケイディーは、リンやナトリウムなどの調整により、愛犬の腎臓ケアをサポートする特別療法食です。

製品の特長
  • リンの調整と低ナトリウムを実現
  • 高レベルのオメガ-3脂肪酸を配合
  • 適切なレベルの良質なたんぱく質を配合
  • 高レベルのL-カルニチンを配合
シェアしてね
  • URLをコピーしました!
contents