子犬・長毛種に最も多い犬のフケ原因と食事での対策

  • URLをコピーしました!

かゆみ、ひっかき、はがれ落ちる皮膚、被毛の中に見える白い斑点。

これらはすべてふけの症状です。

犬は毛量が多いため、人間よりも深刻な症状になるケースがあります。

contents

犬のふけとは?

犬のふけは皮脂腺が過剰生産を始めると発生します。

皮脂腺は、皮膚を保護して栄養を与える脂を生産する役目を担っています。過剰な脂は皮膚を刺激し、皮膚がかさついて通常よりも大量にはがれ落ちる原因になります。

犬のふけにはどのような症状があるのか?

犬の皮膚が乾燥しているように見える他、皮膚が刺激を受けている、あるいは炎症を起こしている場合があります。

被毛に白い斑点が散らばり、犬のベッドや飼い主の服の上に落ちる場合があります。

ふけの重症度や原因によっては、かさぶたや全般的な抜け毛、ところどころゴッソリ毛がない様子、ひっかきやかゆみに気づく場合もあります。

犬のふけは子犬によく見られ、中型犬と長毛犬はとくに高リスクにさらされています

犬のふけの原因は?

犬のふけの最も一般的な原因の1つは、健康的な毛と皮膚を発達させるために必要な栄養素、または最適な品質の栄養素が足りない食事です。

オメガ3や6のような必須脂肪酸は犬の皮膚をサポートするために重要であり、犬はこれらを内部で合成することができないため、毎日の食事に含まれている必要があります。

同様に、タンパク質も非常に重要です。

犬の皮膚や毛は、成長と発育に1日のタンパク質摂取量の30%を使用しているため、消化性の高い高品質のタンパク源が、食事に含まれていなければなりません。

ビタミンAは、皮膚細胞の成長や皮脂の生成を調節するのにも役立つので重要です。

犬のふけは、環境によっても引き起こされる可能性もあります。

暖かいまたは寒い環境にいる場合は油分の生成を妨げ、その結果ふけを引き起こします。

暖かい環境では犬の皮膚は非常に早く乾燥し、ふけが出やすくなります

ふけは寄生虫繁殖の症状である可能性もあります。

シラミやツメダニに噛まれたり、被毛の中に住み着き皮膚を刺激することによってふけを引き起こします。

ツメダニは特に、鱗屑で皮膚が剥がれる原因となり、それが痒み、ふけ、さらには抜け毛につながります。

犬のふけ問題を解消するにはどうすればよいか

犬が継続的なふけ、かゆみ、ひっかき傷などの皮膚の問題を抱えているのに気づいたら、獣医師に相談することが不可欠です。

アトピー性皮膚炎などの他の問題の可能性がないかどうかも考えられます。

また、次の方法でふけを予防的に管理することもできます。

  • 室内を快適な温度に保つ
  • 健康的な皮膚や被毛に必要な栄養素を含む食べ物を与える
  • 適切な専用のシャンプーを使用する。人間の使用するシャンプーは適していません
  • 犬の皮膚の健康を高めるために、タラの肝油や魚油で犬の食事を補う

>>皮膚の痒みに効く『ヒノキチオール+酢酸トコフェノール』

愛犬の食事管理

皮膚は犬の体で最大の器官であり、外部の刺激物に対して最初に防御を行います。

適切な栄養素を組み合わせた食事は、健康な皮膚なるための重要なポイントです。

皮膚は犬の体で最大の器官であり、外部の刺激物からの保護という極めて重要な役割を担っています。

犬の食事は皮膚の健康と効果的な機能に大きな影響を与えるため、見過ごすことのできない要素です。

>>【犬用療法食】皮膚疾患になった犬のためのロイヤルカナン一覧

犬の皮膚と被毛

犬の皮膚と被毛は、平均して体重の12%を占めており、犬の健康と成長において極めて重要な器官です。

皮膚には3つの個別の層があり、それぞれに異なる機能を備えています。

  1. 最も上の層は表皮と呼ばれ、外部の刺激物に対するバリアとして働きます
  2. 中間の層である真皮は、皮膚に弾力と抵抗力を与えます
  3. 最も下の層である皮下組織には脂肪細胞が豊富に含まれ、断熱機能があります

これらの働きに加え皮膚は、外部寄生虫に対して保護の役割を果たします。

犬の皮膚に起こり得る問題

具体的な問題の1つに、犬の皮膚が本来持つバリア機能の破壊または損傷があります。

バリア機能は皮脂が皮膚から分泌されることによって作り出され、外部の刺激物から犬を守る有益なバクテリアがバリアに含まれています。

このバリア機能は、「悪い」バクテリアが繁殖して刺激や他の皮膚の問題を引き起こすのを防ぎます。

適切なバリア機能は犬の食べた物に対する内部反応によって作り出され、制御されている部分もあります。

犬は特定の食品成分に対して過敏症やアレルギーになることさえあります。

これらの成分が犬の食事に含まれている場合、皮膚の問題を引き起こす可能性があります。

問題を引き起こす食材はトマト、ほうれん草、チーズ、豚の肝臓に含まれるヒスタミン、また、チョコレートや調理済みのチーズに含まれるトリプタミン。

パグやブルドッグなどのたるみのある皮膚を持つ犬の品種は、皮膚に細菌が棲み着きやすいため、さまざまな問題を引き起こすことがあります。

毛質が特徴的な小型犬は、皮膚がとりわけ敏感な場合があり、例えばミニチュア シュナウザーまたはシーズーでは、抜け毛、枝毛または脱色のリスクがあります。

犬の食事が皮膚の健康に与える影響

適切な食事は、犬の皮膚が効果的に機能するために重要です。

そのため、栄養素を適切に組み合わせる必要があります。

健康な皮膚と被毛の維持のためには、特にタンパク質が必要です

タンパク質は消化性の高いものであることが理想的で、質の良いタンパク源から摂取します。

これにより、過敏症やその結果としての皮膚症状のリスクを抑えながら、犬の消化管でタンパク質を吸収しやすくなります

多価不飽和脂肪酸も同様に皮膚や髪の発達をサポートします。

適切な量のオメガ3とオメガ6が犬の食べ物に含まれていると、かゆみや皮膚への刺激を抑えるのに役立ちます。

また、犬の食事にビタミンA、BおよびDが含まれることによって外的要因から皮膚を保護し、亜鉛を含むことで皮膚細の健康を維持することができます。

銅は犬の被毛の美しさの維持に役立ちます。

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
contents